2006年03月10日

ホンダ、販社を選別・販売台数で卸価格に差

ホンダは国内販売会社(ディーラー)の選別に乗り出す。販売台数に応じて新車の卸価格に差をつけ、不振が続く販社とは契約を打ち切ることも検討する。

販社との取引条件に明確な格差を設けるのは国内自動車メーカーで初めてとみられる。人口減などで新車市場の縮小が見込まれるなか、販社にも“成果主義”を導入し、販売力を底上げする。

 同社は今月1日、「プリモ」や「クリオ」など3つあった販売系列を「ホンダ」ブランドに一本化。これに合わせて契約内容を変更する方針を販社に伝えた。6月までに新契約に移行する。(日経新聞 2006/03/08)

・・・いやー、思い切った事をやりますねー。

でもこれって他の業界では当たり前のことなんじゃないでしょうか?

我々の業界でも、セット数(台数)の売り上げが多いところは当然仕切り価格も安いです。

ただ、売り上げが悪いから契約を打ち切るって話は聞いたことがないですね。

要は、どんな業界でも営業力が必要だってことです!営業力のないところは間違いなく淘汰されていくことでしょう・・・




posted by IT at 00:11 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。