2006年05月24日

フォーバル

光通信の業績が好調な一方で、


同業のフォーバルの決算はあまり思わしくないようです。


平成18年3月期の連結決算短信は、

売上高      275億
営業利益     300万
経常利益    1400万
当期純利益 10億6300万

とのこと。


下方修正に下方修正を重ねた末のこの数字。


当期純利益は、子会社の株を売却したとかで10億強の数字になっていますが、


営業利益が300万ってのは・・・


以前のブログにも書きましたが、


FTフォン(一般的な050番号のIP電話ではなく、既存のNTT番号がそのまま使えるIP電話)のような素晴らしい商材がありながら、


なんでこんな数字になるのか不思議ですね。


思ったより売れなかったのか?
売れたけど人件費がかかりすぎたのか?


なんとなくですけど、

思ったより売れず、その割には人件費がかかりすぎたってのが実際のところなのではないでしょうか?


株価もどんどん下がってますしねぇ。


競合他社からしたら、FTフォンはかなり脅威だと思うんですけどね。


なんか問題でもあるのかな?




















posted by IT at 23:58 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。

フォーバルというと、なんだか商品と販売方法についての、悪い風評を聞いたことがあります。

本当はどうなんでしょうね。

Posted by タツ at 2006年05月25日 21:07
>タツさん

おそらくそれは、かもめサービスのことではないでしょうか?

以前、フォーバルの子会社でAJOLって会社があって、

モジコとかいうFAXを一台30〜40万でネットワークで売ってたようです。

そういえば最近聞かないですね。

まだやってんのかな・・・。
Posted by cybercom at 2006年05月25日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18330318

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。