2006年06月11日

カリスマ体育教師

原田隆史さんの、


大人が変わる生活指導

を読みました。


その中で印象に残ったのが、


人間はみんな、死刑囚です


という章の内容。


要約すると、

「刑務所で充実した生活を送るのは意外なことに無期懲役囚よりも死刑囚である。死ぬまでの期限を切られた死刑囚は、これまでの人生を振り返って、「自分はこれでいいのか?」と真剣に自分の人生と向き合うようになる。そして、残された時間で自分のあるべき姿を必死で追い求めようとする。一刻一秒も無駄にするまいと、何事にも必死で向き合い、あるべき姿に向かって突き進まずにはいられない。そして、別人のように生き生きとしはじめる。死刑囚に限らず、人間は期限を切られてはじめて、わが身を振り返り、あるべき姿、自分の人生の理念を求める強い動機を得る。死は人間にとって逃れられないものであり、誰もがいつか死ぬ。ある意味で、人間はみんな、死刑囚である。」


確かに、普通に暮らしている一般の人々も、


刑務所に入ってないというだけで、死期がだいたい決まっている死刑囚に変わりはないわけですね。


死期が近ければ、誰しも残りの人生を有意義なものにしよう!


と考えると思いますが、


まだまだ先の話だよ・・・なんて思ってると、ついついダラダラと過ごしてしまい、


結果、悔いの残る人生を送ってしまうのではないでしょうか?


そうならないためにも、


「意識されない時間」を徹底的になくし、全ての時間を「意識した時間」で埋め尽くす
(by ワタミ 渡邊美樹社長)



ことにより、


自分の夢を実現し、


死ぬときに、


いい人生だった


と思えるような一生を送りたいものです。






















posted by IT at 18:51 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
ん〜そうですよね。
最近私はこんなことばっか
考えてます。
なんかで、死ぬことがわかったら
急に一生懸命になるのかなあ〜とか
それでも、ならないのかなあ〜とか
死ぬ時何思うんだろ〜。
後悔だけだったらやだなあ〜とか
思っちゃってます。
なんか死ぬ人みたい!汗
死ぬ事だって『いつかはね。生きてるんだし』
って思ってしまうのでだらだらしちゃいます。
でも、いい人生だったと最後は終わりたいもんですよね。ってことで、今を一生懸命生きてみます。
Posted by この at 2006年06月11日 19:00
>このさん

今を一生懸命生きる・・・

いい言葉ですね!

一生懸命やってダメなら、

それはそれでしょうがありません。

それ以上努力しようがないんですから。

一日一日を

真剣勝負でガンバりましょう!
Posted by cybercom at 2006年06月11日 21:07
お久しぶりです♪
う〜ん。。いつみても奥深くためになるブログですね♪
それに引き換えオラって・・・
ダメダメかもしれません・・・

遊ぶことだけに一生懸命です(汗)

今後は何事にも一生懸命でいきたいな!
Posted by Knight at 2006年06月12日 05:40
>knightさん

遊ぶことだけに一生懸命ですか・・・

いいじゃないですか!

ダラダラと遊んでいてもつまんないですよね。

仕事は仕事で頑張る!

遊ぶときは一生懸命遊ぶ!

メリハリつけてガンバりましょー!
Posted by cybercom at 2006年06月12日 23:31
たしかに、
私も必ずしぬときが来る、と考えて、

どう生きようか・・・と考えることがわりとあります。


「意識した時間」にすることなんですね。


ほんと、あっという間に人生なんて、
過ぎ去ってしまうので、

後悔しない、充実した日々にしていきたいと思います!
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年06月15日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19128995

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。